おとといまでの私にわからせるためのブログ

写真のことと、美術のこと、あと好きなことについて。私にわかるように書いてます

シロアリになりたい ー 会田誠らを講師に招いた京都造形芸術大学への訴訟について思ったこと

 

こんにちは。

 

つい先日、会田誠鷹野隆大をゲスト講師として招待した講座を受講した女性が、その講座でセクハラを受けたとして大学を提訴したというニュースが話題になりましたね。

news.livedoor.com


この件は、大学が講座をセクハラだと認めた上で同窓会の参加や大学の出入りを禁じたという対応をめぐっての訴訟で、訴えを起こした女性は、「アートかわいせつかの議論にはしたくない」「芸術論になってしまうのは避けたい」という趣旨のことをおっしゃってる模様。

といいつつも、彼女がアーティストの作品や態度を批判しているのを見ると、「アートかわいせつか」という論点というより、わたしはやはり芸術の生存に関する議論と完全に切り離すことは難しいのではないか、と思ってしまいます。

 

このニュースについて、主にTwitter上では「これは単なる大学への訴訟!芸術論に持ち込むな!」という意見と、原告の女性に対して「お気持ち当たり屋迷惑マジ帰って」という意見と、「『当たり屋』って言ってるアート関係者高飛車すぎ」という大きく分けて3つの意見が見られました。このような意見の対立を見ると、今回のニュースはリトマス紙のように、アートに向き合うときの考え方や立場の違いをあらわにしているような気がします。

 

わたしは芸術系の大学で「助手」という仕事をしているので、あの講座を私の所属先でひらいたとしたら、原告のあの女性ではないにしても、こうした意見にいちばんはじめに対応しなくてはなりません、たぶん。

あとあと偉い人が対応するんだとしても、初動として自分の対応を想像して、そうなったら、どうしよう・・・?なんていったらいいのかな・・・と不安になりました。


当然、わたしはおおごとにはしたくないと思って対応しちゃうだろうし、アーティストを講師として招いている以上、招いた側はセクハラを認めるわけにはいかないはずです。
だから多分、わたしは咄嗟に「あのアーティストはああいう作風なんだよ、戦略的にこういう作風をとっていて、本意ではこういう意味があって、あなたやわたしのような女性を傷つける意図はなかったんだよ」と伝えるような気がします。


でもわたしがこんな風に言えるのは、会田誠を知っていて、(しかも好き)、鷹野隆大を知っているからです。だから「ああいう作風なんだよ」という説明は、もろにTwitterで批判されていた「高飛車アート関係者」の態度そのもので、学生に対し、「あなたは勉強不足」と伝えることになってしまうし、そこには、そんなつもりがなかったとしても、うっすらと「黙れ」というメッセージが含まれてしまうかもしれません。


じっさい、高圧的で、不親切で、身内ネタな現代アートの世界は確かに、多くのひとにとって、「わからない」ものですよね。わたしもわかんねーってよく思う。

そして、アート業界が「わかるひとにはわかるんだからいいじゃないか」という論理がどんより漂う一見さんお断りの業界になってしまっているのも現状です。高く分厚い頑丈な壁の向こうでは、壁のなかにのみ通じる言語があるというわけで、素人がなにか言うと、壁の中からヤリが飛んでくることもあったりしちゃう。


ですが、村上隆が芸術起業論などでしきりに主張しているように、実際に、現代アートは、美術の歴史や文脈に沿ってその作品にオンリーな概念をさずけ、それをプレゼンする営みであって、観客がそのロジックの妙を鑑賞するという仕組みで成り立っています。

 

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

 

 

つまり、現代アートをなんの前知識もなく見に行く行為は、3Dの映画を3Dメガネなしに見にいくのと同じようなもの。

ですから、その作品を見るための3Dメガネ=美術に関する歴史や文脈やルール、あるいは、その作家に関する知識が必要です。


今回のニュースは、そもそもこうした前提が浸透していないなかで、「現代アート」を強固な壁のなかで守ってきてしまったアートエリートに、生理的・感情的な嫌悪感が激突し、さらに、大学側の対応の不足が重なってしまった大きめの玉突き事故という感じ。

 
もしかすると、大学の公開講座は、この強固な壁のなかに、なるべく人を招待する機会になりえたかもしれませんし、実際に、多くのことを学んだひともいたはずです。

そういう場で起こったこのトラブルが、これまで作り上げてきてしまった「壁」の強固さをあらわにしてしまったのは皮肉だし、棲み分けや警告が足りなかったのでは?という指摘も全うです。だってゴキブリを見て気絶しちゃう人がいるんだから、それが美術作品であっても、それが誰かを気絶させるものになることだってあって当然。今回の原告の女性のように絵画にトラウマを抱えてしまう人もいることでしょう。


だけど少なくとも、ある美術作品について「倒れるほどではないけどわけわからん」とか感じる人が3Dメガネをゲットして作品を見るためには、やはり手間ですが、少しの「学び」は必要かもしれないとは思います。現状。

それは、アートギョーカイの壁があまりにも強固で、あさま山荘事件みたいに鉄球でドーン!と一撃かまして風穴が空くわけではないから。

物理的な壁よりも、目に見えない壁のほうが分厚いのかも?  

 

全く良いと思えないようなものが芸術として認められている現状や、芸術が人を傷つける可能性、人を傷つけるかもしれない表現がその作品や作者にとってどのように必要だったのか……など、トラウマ的な作品に出会った時に考えられることは、たくさんあります。芸術系の大学の対応として、こうしたことを考えることを教えることはできなかったのでしょうか。

また「よく知らないけどこの作品嫌い」という意見が出ることもちろんあります。(そういう意見を認められないことが、アート関係者が作ってしまった壁の原材料でしょうが、)その嫌悪感が訴訟にまで至る状況は稀だし、極めて残念です。 


正直わたしは、彼女の”お気持ち”は訴訟の内容(つまり弁護士の戦略)と全く重なるものではないと思っています。ちょっとおかしいって思う。

でもその主張によって、偶然こうしたアートをめぐる断絶があきらかになったことだけは、悪いことではない気がしています。

壁がどんどん分厚くなってなかの人を押しつぶしたり、なかにいる人が外と関わることなく死んでいってみんなゆっくり着実に滅びる未来をうっすら見せてくれたきもします。

 
だから、現状、とりあえず、一旦、いまのところは、「芸術は全員にとって心地よいものではなくて、よく見るためには知らなきゃいけないことがある」ということがシェアされた状況をめざすために、シロアリみたいに、壁を少しずつ食いちぎって壊していく必要がありそうです。

自分の職業として、彼女に対応することを想像するとき、自分がどうするべきか考えることが誠実にこの問題に向き合うことかなといまは感じています。

 

あと、シロアリになりたい。

 

・・・ではまた!