おとといまでの私にわからせるためのブログ

写真のことと、美術のこと、あと好きなことについて。私にわかるように書いてます

うっかりグッとくる吐きそうな映画を見て、戦争をやだなと思いました。ー映画『ダンケルク』IMAX上映について。

 

新しくなった池袋のサンシャインシネマ改め、「グランドシネマサンシャイン」の特別企画?(なのかな)クリストファー・ノーランの『ダンケルク』(2017年公開)のIMAX上映があったので見てきました。(いまさら)

 


映画『ダンケルク』予告1【HD】2017年9月9日(土)公開

 

そもそもわたしはノーランが好きなんですが、(あと1Dのハリーも好き)今回のダンケルクは、前のほうの席だったこともあって、IMAXの没入感はいままでのIMAX体験のなかでも特別で、感激しました。

ノーラ〜ン!やられたぜ〜!

 

4DXじゃないから、席が揺れたりしたわけじゃないけど、上映後は足と頭がふらふらするほど。(途中何回か目をつぶったりもした)

普通に吐きそう(いい意味で)だし、まじで嫌でした(いい意味で)。

血が流れていないとか、ダイナモ作戦がそもそもプロパガンダだとか、この映画も史実と異なる部分がある・・・みたいなリアル歴史ストーリーとしての楽しみ方をする映画ではないし、第二次大戦下のヨーロッパの戦争の駆け引きを楽しむものでもなければ、チャーチルの偉業とかを称えるものでもない。

戦争におけるヒーローを賛美するお話でもないから、2時間弱をひたすら耐えるみたいな、耐久レース感のある映像ってかんじ。

途中でご褒美的に感動的な盛り上がりが用意されてるのには、おあずけされまくってる観客のわたしたちはついガッと食いついて、さもずっと物語があったみたいにうっかりグッときちゃうけど、実際は、フィジカルに訴える緊張の強弱の波を起こしているびっくりハラハラ系のサスペンス戦争映画です。

一応ストーリーはあるけど、文学よりは音楽に近いかも。

あと国語よりは体育に近かった気がします。

 

さて、この映画には、女性がほとんど出てきません。カメラが女性をクローズアップすることはなくて、そらそーよな、戦争だし、と思いながら戦時下のわたしたちの権利のことを考えました。

 


映画『ダンケルク』アナウンス予告2【HD】2017年9月9日(土)公開

 

夏になると嫌でもわたしは戦争のこと考えちゃうんだけど、つぎ、もし戦争になったとしても、兵士として戦闘しにいくのは多分男性ですよね。

よっっっっっぽど劣勢にならないと、女性は後方支援ってかんじだと思う。核兵器が世界各地で一挙に落とされて一瞬で地球終了ってかんじならそんなこと考えなくて済むけどさ。

そうなったら、命をかけて国を守ってくれるのは男性"様"になるのだろうから、そのときわたしたち女など、口がなくなったも同然だろうとぼんやり思ったのです。

国を守る「能力を持つ」男性に比べたら当然、「守られる」ものになる女性の発言は軽んじられるだろうし、そもそも発言もできないかも。そこで「女性の権利が」なんて言いようもんなら、男女問わず吹き矢が飛んでくるのかもしれません。

それから、知性もなくなるかも。

現状よりも"仕方ない"が蔓延して、小さな思考停止が折り重なって、気づいたら、本当になにもかも「終わってる」状態になっていたりもしそうです。

 

実際この映画で、女性は「毛布あるわよー」「紅茶あるわよー」「進んでー」くらいしか言ってない(その点を批判する気は少しもない)。実際そうなんだろうと思う。それが一番役に立ってるんだと思う。わたしも役に立ちたいと思っちゃいそうです。

でも、こうした従軍に志願する女性は、「女性的な」役割を進んで引き受けるという意味で、すっごく名誉男性的。

名誉男性については↓この記事とかがわかりやすいかな。

女性の本当の敵は、実は「名誉男性」かもしれない(こかじ さら) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) 

いわゆる「男尊女卑の価値観を内面化した女」のことを言う。)

戦争になったとき、名誉男性的な女を目指さないでいられるでしょうか。

いますでに、名誉男性的な、現状の世の中にフィットする価値観を磨いてきちゃった部分がある自分のことを、ときどき苦しく思う。ツイッターみながら、あ、そうかそれは性差別なのか、と知って「慌てて」怒ったり。自分の性差別意識の未熟さを感じるとき、自分のなかに醸造されてしまったものの頑丈さにビビります。

だから戦争になったとき、率先して黙ってしまいそうな気がする。

この映画を見て爆撃のリアルな音に震えながら、戦争になったときのことを考えたとき、誰かの役に立ちたいとか、あるいは生きたいとか、そういう気持ちはわたしの口と頭を機能停止にするんじゃないかと、実感を持って思ったのです。

 

実地に戦いに行く男性に敬意を払ったとき、黙らずに戦争を批判していられるのか。男性と同等の権利や自由を、性暴力から逃れる正しさを、女性として主張し、守っていけるのか。

戦時下だろうと理由はどうあれ人殺しは最悪!って思ってるけど、そんなこと唱え続けていけるのか。。。

そのとき性差別の撤廃なんて贅沢すぎる要求かもしれない・・とすでにちょっと絶望しつつ思います。従軍慰安婦のことも、自分ごととして考えます。

戦争のもとでは、弱者の、あるいは能力のない者の権利は主張できなくなる。

死ぬこと、傷つくこと、狂うこと、そういう戦争の悲惨についてはこれまでも思いをめぐらせてきたけど、なんらかの権利を主張する権利が奪われることの怖さを、新たに感じています。

 

つらつらと書いてきたけど、つまり、ひとことでいうと、『ダンケルク』を見て戦争を心底嫌だと思った、というお話でした。

 

f:id:yzgz:20190830225208j:plain

 

未見の人はできればIMAXで見るのがおすすめですが、とっくに上映終わってるんで、仕方ないからとりあえずイヤホンorヘッドホン爆音気味で見るのがよいかと思います。

 

英国王のスピーチウィンストン・チャーチル(THE DARKEST HOUR)→ダンケルク

の順番で見るのがわたしのおすすめ。

 

あと、グランドシネマサンシャイン、廊下にいわゆる名作的な映画の上映時のポスターがたくさん貼ってあってときめいた!!

12階のラウンジもIMAXの壁(?)すごかったです。またいきたいです。

 

 ではまた!